[公募開始]補助金を活用して、販路開拓・拡販アイテムを作ろう!

事業者さんの相談に乗っていると、こういう声をよくお聞きします。

効果的な販促ツールを作りたいけど、費用がネックで…

そんな時、とってもありがたい補助金があります。それはー

小規模事業者持続化補助金
(しょうきぼ じぎょうしゃ じぞくか ほじょきん)

読んで字のごとく、小規模事業者が事業を持続できるよう補助してくれる補助金です。

小規模事業者持続化補助金とは?

販路開拓につながる費用に対して、補助が受けられます。
補助対象経費の2/3が補助されます。補助額の上限は50万円。
例えば75万円の費用が発生した場合、50万円の補助が出るため、自己負担は25万円で済みます。
利用には審査があり、場合によっては採択されないこともあります。

どんなことに対して使える?

小規模事業者持続化補助金は、例えば以下のような場合に利用できます。

|情報発信やPR

チラシ・名刺・看板・DM等の広告宣伝ツールに関する費用

|商品パッケージの改良

パッケージデザイン改良に関する費用

|顧客満足度を高める

例)和式トイレを洋式トイレに改装する費用

|新事業への設備充実

例)飲食店が食品販売用にレイアウト変更する場合の費用

利用できる幅が広いですよね。ほかにも、展示会の費用だったり、資料購入費・外注費用なども対象になります。

どんな人が利用できる?

小規模事業者持続化補助金を利用できる事業者の定義は、以下のようになっています。

  • 卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業以外)…常時使用する従業員5人以下
  • サービス業のうち宿泊業・娯楽業、製造業その他…常時使用する従業員20人以下

ただし上記に該当しても、対象外(利用できない)となる事業者もあります。

  • 一般社団法人・NPO法人など営利企業に該当しない法人、医師・歯科医師・風俗業など

いかがですか?まずは、ご自身が利用できる立場かどうかを確認しましょう。

また、申請時点で事業を行なっていない場合もNGとなります。
個人事業主の場合、申請時点で開業届を出している必要があるということ。そして、実質的に事業を開始していないと利用は難しくなってきます。

申請に必要なものは?

小規模事業者持続化補助金を申請するには、以下の書類が必要です。

|経営計画書

1. 企業概要

2. 顧客ニーズと市場の動向

3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み

4. 経営方針・目標と、今後のプラン

|補助事業計画書

1. 事業名

2. 具体的内容

3. 効果

|経費明細表

発生する費用の明細

これらの提出先は、事業所の管轄にある商工会・商工会議所です。

おそらく、申請するにあたり最も大変な作業が、これらの書類作りではないかと思います。
ご自身のことやサービスについて、第三者にわかるよう工夫して書く必要があります。また、市場の動向など、社会性も踏まえて客観視しなければいけません。
これをご自身だけで考えようとすると、時間がかかるのではないかと思います。

そんな時、頼りになるのは「公的支援機関」です。
そう、地元の商工会・商工会議所が全面的にバックアップしてくれるんです!もちろん無料で!
書類の書き方や内容について、多くの経験に基づき、指導してくれます。とてもありがたいですよね。

補助金を活用して、事業を加速させよう

私のお客様にも、この補助金を活用して名刺や看板等を作成された方が多くいらっしゃいます。
同時に事業所の備品や設備も充実させたり、効果的に活用されています。

「この際だから新しくしたい」とか「以前から欲しかった」と考えていたものはありませんか?

  • 事業所の看板を刷新したい・新しく設置したい
  • PR用のバナーが欲しい
  • 効果的な名刺が欲しい
  • パンフレット・チラシをきちんと作りたい
  • ホームページを刷新したい・新しく持ちたい
  • 反応率の高いDMを配りたい
  • 企業案内・商品カタログが欲しい
  • 自己紹介ツールが欲しい

など、上限75万円までならいろいろ組み合わせも可能です。

掛かった額の3分の2 補助が出るので、通常で制作依頼するよりも費用がグンと抑えられます。
もちろん、補助金利用有無によって、制作する過程や内容に何も違いはありません。

賢く利用して、ぜひあなたも事業を加速してください!

 

<H30.03.09加筆修正>————————————

この小規模事業者持続化補助金、平成30年度の公募が開始されました!
公募期間:平成30年 3月 9日〜平成30年 5月18日

 

 

>> 中小企業庁の該当ページはこちら。

 

上記にある通り、今回の公募では「事業承継や生産性向上に向けた取り組み」を重点的に支援されるそうです。

この補助金を通して、VECTOR DeSIGN 和性に依頼されたいという方は、お近くの商工会・商工会議所へご相談されるか、私へのお問い合わせでも可能です。

VECTOR DeSIGNでは、このような物を制作しております。クリックしてご覧ください。

 

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ