家事と育児、そして仕事。

私には7歳と2歳の子供がいます。

19年勤めた会社を辞め、自宅でデザインの仕事を始めて、間もなく1年半。

家事と育児と仕事。

バランスの取り方や、このスタイルを選んだ理由。

私なりの考えがあります。

かっちゃん、こっち向いて〜

 

何を得るための効率化・時短か

今回書こうと思ったきっかけは、私がFacebookに投稿した記事(以下要約)

—————————————

効率化を考えて、家事代行を探している

日々の負担である夕飯作りの下ごしらえまでしてくれるサービスはないものか

—————————————

>> 私のFacebookはこちら

 

これに対して、賛否両論。多くの反響をいただきました。

 

栄養面や味のことを考えると、味付けは自分でしたい。

でも、日々の調理時間を少しでも短縮したい。

 

働くママ達からは「休日や出勤前に下ごしらえをしておく」「カット済で届く具材を利用する」等、さまざまな工夫を教えてもらえました。

 

私も実際、多めに作った前日のおかずを翌日も出したり、たくさんの具材を一度に煮込んだ料理で済ませたりすることも。

これを『手抜き』と言われれば、それまでですが

なんのために私たちは時間短縮を図るのか

 

私は、子供とゆったり向き合うためなんです。

 

時間がないのに、イライラしながら一品増やすより

最後の一品を納豆にしてでも、笑顔で食べる方が大事だと思うんです。

 

どうすれば自分が笑顔になれるかを知る

そもそも、私たちはなんのために働くのか。

私は、とにかく家族が笑顔で過ごせれば良いと考えています。

笑顔になるには、気持ちが満たされている必要があります。

 

どういう暮らし方をしていたら

自分の気持ちは満たされるか?

 

家族に笑顔で接する私であるために、必要なことは何?

これを知ることが一番大切なんですよね。

価値観はひとそれぞれ違います。

子供のそばにずっといることが、笑顔の源になるママもいます。

仕事を持って社会と関わっていくことが、気持ちの充実になるママもいます。

 

私は後者のタイプなので、働くことを選びました。

『誰かの役に立つ、喜んでもらえる、必要とされる』

それによって、自分が自分らしくいられる

 

自己実現っていうのだと思います。

 

それがめぐって、家族の笑顔につながっています

 

しかし、同時に社会的責任というのも発生します。

仕事で約束をしている以上、簡単には子供を理由にできません。

だから、保育園や学童・ファミサポ等に頼っています。

>> 働くママに必要だと思うこと

 

子供にも、仕事の話をよくしています。

デザインを見せて、意見をもらったりもしています。

今日も元気に出掛けて行きました

 

最後にひとつ、忘れてはいけないこと—

子供達の成長は、ものすごく早くて貴重

見逃すまいと、一緒にいる時間は濃く向き合っています。

かけがえのない子供との時間は、二度と戻ってきませんから^^

 

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。