ピアノ講師・リトミック講師・リボン制作講師を1枚にした名刺【カード名刺実績】

3つの異なる教室を、1枚の名刺で表現したい。
そんなお題をいただいて、作り上げたのがこちら。

watahiroko-m0

watahiroko-m1

watahiroko-m2

 

渡辺 博子様(ピアノ・リトミック・リボン制作講師)

meishi-watanabe_02

ヤマハのデモンストレーターとして、ピアノの楽しさを伝えて来た経験をお持ちの渡辺様。
「ピアノが心の支えになってくれたら」との想いで、ピアノ教室をされています。

そして出産を機にリトミックを学び、子供の変化に感動して、多くの親子に実感して欲しいと、リトミック講師もされています。

また、趣味で習っていたリボン制作でも、日々の忙しさから解放され、夢中になれることを実感。
こちらでも講師の資格を取得されました。

 

以前お使いの名刺がこちら↓(3枚の名刺を使い分けられていました)

watanabe_02

 

イメージが異なるサービスをまとめるには

渡辺様のお悩みはこちら

ピアノとリボンはエレガント・華やかなイメージ

リトミックは楽しい・子供らしいイメージ

このふたつがかけ離れていて、ひとつにまとまらない

私がご提案したのは、ふたつのイメージを分けない
ベースは統一した同じ雰囲気にしておく。

1枚の中でテイストがバラバラだと、落ち着かない。
全体に統一感があると、見る側も安心を覚えます。

では、どこでそれぞれの雰囲気を出すか。

それぞれの世界観は、写真で十分伝わります
そのため、写真は大きく・たくさん掲載します。

そして、雰囲気を手助けするのが、ロゴ。
音楽とリボン、ふたつのロゴをデザインしました。

1. 音楽は親しみ・親子・信頼を感じるロゴ。

watahiroko-m3

 

2. リボンはエレガント・上品を感じるロゴ

watahiroko-m4

そして、内面。
プロフィールや連絡先は、下部に共通で掲載。

内面 左側はピアノ&リトミック。

このふたつは「音楽というベースが同じなので、
あえて分けなくても音を通じて楽しむが伝わるように

watahiroko-m5

内面 右側はリボン制作。

レッスンの様子も載せつつ、
作品の可愛らしさいろいろな小物に使える幅広さ
これらを写真で表現しました。

watahiroko-m6

そして、このカード名刺の最大のメリット。

それは・・・

使用シーンによって、面を使い分けられる

 

要するに【どっちも表紙】なんです!

ピアノ・リトミック関係の方に配るときは、こちらがオモテ。
渡辺音楽教室ですという挨拶のときですね。

watahiroko-m3
ピアノ・リトミック時は、こちらをオモテに

リボンでイベント出展するときは、こちらを上に置いておきます。
Nastro Brillanteの渡辺ですと言うとき。
watahiroko-m4
リボンの時はこちらをオモテに

この名刺、何度もこだわって修正しました。

watanabe_01

スカイプでのやりとり

いつもは仕事のことには口出しされないという、渡辺様のご主人様。
そんなご主人様から、
ここはこうした方がもっと良くなる
これは伝わりにくいんじゃない?
たくさん意見が出てきたそうです。

私も「なるほどな」というご意見ばかりでした。

渡辺様、ご主人様とふたりで
これほど言葉ひとつに、こだわって考えたことがない
というくらい、真剣に向き合われました。

私も、おふたりの気持ちに感化され
小さな言葉ひとつでも、一緒に考えました。

渡辺様とご主人様と私。
3人の熱い想いがこもった1枚に仕上がりました。

渡辺様が、うれしい感想記事を書いて下さいました。

自分でも気付いていなかった「仕事に対する熱い想い」を引き出してくれました
コンサルに近い近い!本当〜に想いのこもった名刺になりました!

詳しくはこちら→ 素敵な名刺をありがと 和性さん♡

渡辺博子様、誠にありがとうございました。

ひたむきな想いで寄り添ってくれる講師・渡辺様のブログはこちら。

複数あるサービスも1枚にまとめて、効果的に見せませんか。
ご相談はこちらのフォームから可能です。

名刺のメニュー・お申込みはこちら。

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。