求職者のためのトークセッション「強みを活かした働き方」

沖縄県のハイサイプロジェクト(中小企業と人材を結ぶ事業)を運営されている、株式会社りゅうせきビジネスサービス様にお招きいただき、2018年10月12日トークセッションを行いました。

※これまでの経緯はこちらの記事

岐阜から沖縄へ

かっこいい名鉄の車両に萌える

バスや電車を乗り継ぎ、中部国際空港から那覇空港へ向かいました。

飛行機から見える雲海、たまりません!

那覇空港に着いたのは、夕方過ぎ。ゆいレール(モノレール)に乗り、トークセッションのお相手と合流しました。ファンシップ株式会社代表の小宮 仁至さん。

ホテルにチェックイン後、小宮さんオススメの沖縄料理「あぐん茶」というお店に連れて行っていただきました。

カラフルな沖縄料理

あぐー豚、ゴーヤ、イラブチャー・・・沖縄料理が並び、感激しているとー
こんな有名人が入店してきたのです!

左から小宮さん・ラモス瑠偉氏・和性

ラモス瑠偉氏、写真撮影にも優しく応じてくださり、気さくなお人柄でした。
以前、私の地元FC岐阜の監督も務めていた方なので、沖縄で会えたことが不思議でした。
沖縄って観光地だから、有名人は見慣れているのかと思いましたが、珍しいことみたいですね!実にラッキーでした^^

 

初めての試み・トークセッション

沖縄県立博物館・美術館の一室で行われた、今回のトークセッション。
事前申し込み「不要」のイベントなので、どのくらい人が集まるかわかりませんでした。
しかもその日は、沖縄にしては珍しく雨が降り続き、気温も低い。
「人が少なかったとしても、ベストを尽くそう」ー心の中でそう思っていました。

すると・・・

なんと、1時間前から最前列に座っている方もいらっしゃったくらい、大勢の方が来て下さいました。

小さな赤ちゃんを連れて、おばあちゃんと一緒にご参加くださったママの姿も。すごく嬉しかったです。

 

チラシには「主婦から起業!仕事と家庭を楽しく両立…」とあったので、女性が中心かと予想していました。
しかし、男性の受講者も多く、しかもさまざまな世代の方が来られていました。
「ママ・主婦・女性に限った話題ではなく、幅広い視点でお話ししよう」ーそう感じました。

どういった方がご来場いただいているのかお聞きしたところ、「就職・転職活動中」という方がほとんどでした。

 

 

このトークセッション。事前に決められたことを話すのではありません。2人の会話がどうなるかは、本人たちにもわかりません。

いわば、ぶっつけ本番です。

私が何者で、何をどうして来たか?ーこれを受講者の方にわかってもらった方が、話に入り込みやすいかと思い、スライドは用意して行きました。でもセミナーのようなガッツリ型のスライドではありません。

そのスライドを見ながら、私の経歴や働き方を考えた経緯について、話して行きます。

その中で「そこ、もっと聞きたいな」「その時、どうだったの?」といった、深堀したいことを小宮さんが私に聞いてくれます。
その質問に対して、私もその場で考えて答えます。

本当に「なまもの」だな、と感じました。2人のセッションから何が生まれるか、予測がつかないのですから。

 

トークしながら、その場で気付いた大きなヒント

今回、インタビュアーを務めた小宮さんは、レンアイ型就転職コンサルタント。
採用や就職・転職を恋愛にたとえ、いかに相思相愛(=良いマッチング)を実現できるか、コンサルされています。

就職・転職・採用戦略の専門家ですね。

そんな、多くの方の相談に乗って来られた経験から、私にさまざまな質問をしてくれました。

 

 

小宮さんと私は同年代、起業したのもほぼ同じ頃(3年前)という、共通点もありました。
お互い、夫婦共働きで幼い子供が2人。

共感し合える部分が多かったので、その辺りを活かしつつ、話を進めました。
ただ、2人の自己満足になってはいけないと思い、受講者の皆さんにも共感していただけるよう、意識して話しました。

 

 

今回、わざわざ私を岐阜から呼んでいただいた理由も、小宮さんからお話がありました。
都会から来た、話し方のうまい、完璧な講師ではないところが魅力、とのこと。

  • 会社を辞めて、どうやって働くかを悩み、「独立起業」を目指した訳ではなく、「消去法で起業を選んだ」…とか。
  • 平日の昼間に、雨が降ったら洗濯物を取り込める幸せを噛み締めている…とか。
  • 子供と18時に「いただきます」ができることに憧れ、それが叶ってジーンとしている…とか。

こうして書いてみると、本当にささいなこと。決して華やかさはありません。

しかし、そういった「日常的な感覚」こそが、この場にいる皆さんの中にもあること。

そんな立ち位置の私が、どうやってやりがいのある働き方を見つけたのか。やはり、何も考えずに流されるまま来た訳ではないので、そこには語れることがあるのです。

小宮さんが巧みにそれを引き出してくれました。

 

 

トークセッションのテーマでもある、「強みをどう活かして働いていくか」について、他の方の事例も交えてお話ししました。
小宮さんからの質問を受ける中で、「そこに強みが隠されている!」という大きなヒントが見つかりました。
トークをする中で気付いたことです。

思わず、その場で力説しました。「みなさんもここにヒントがあるので、ぜひ意識して見つけてくださいね」と。

 

やはり、トークセッションは「なまもの」でした。そして、すごく楽しかった。

受講者の皆さんからのアンケート、どれも感想がぎっしり書かれていました。
「転職に対するモチベーションが上がった」
「ぼんやりしていたものが明確に見えた」

など、たくさんの嬉しいお言葉をいただき、小宮さんと喜び合っておりました。

無事に終わってホッとした2人

お相手が小宮さんだったから成功した、と思えた企画でした。

新しい場所での、新しい挑戦でしたが、やりきった達成感でいっぱいです。
こんな機会をくださった小宮さん、りゅうせきビジネスサービスの栗原さんに感謝いたします。


※トークセッション受講者の声はこちら。(作成中)

そして、この後は企業向けの「会社説明パワーポイントセミナー」に登壇しました。
「会社説明パワーポイントセミナー」の記事はこちら。

VECTOR DeSIGN 和性への講演依頼・お問合せはこちらのフォーム またはメール info@masumiwasho.com までお願いいたします。

この記事を書いた人

和性 真澄
和性 真澄
アートディレクター/コンサル型デザイナー
人やサービスの強みを独自のヒアリングにより引き出し、わかりやすく伝わる販促物を提供。

求職者のためのトークセッション「強みを活かした働き方」” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。