セキビズでビジネスコーディネーターを務めています

岐阜県関市にある「関市ビジネスサポートセンター(通称セキビズ)」

セキビズとは、地元中小企業の「より良くなりたい」を支援し、起業家の「夢を実現したい」を応援する産業支援拠点です。無料相談を通じて、事業状況の確認から課題解決の提案・実行までを、ワンストップで継続的にサポートしています。

事業者さんと共に問題解決を図る

私、こちらセキビズにて「ビジネスコーディネーター」を務めさせていただいております!
原則 毎月第2・第4水曜日に出勤しています。

セキビズには日々、相談者さんが訪れます。
起業したい方・販路拡大したい事業者さん・新商品開発をお考えの企業担当者さん等… 実に多くの方がいらっしゃいます。1回の相談は原則1時間。何度でも無料で相談できるのも魅力。

松浦副センター長と打合せながら

私が担当するのは、主に以下のような相談事項です。

  • 自社や自分の強みを言葉にしたい
  • キャッチコピーを一緒に考えて欲しい
  • 女性目線のビジネスアドバイスが欲しい
  • 商品・サービスの見せ方を相談したい
  • 起業したい

 

事業者さんのお話をじっくりお聞きし「何が問題なのか?」を見つけ出し、「どうすれば解決するか?」を共に考え、提案し、問題解決を図ります。

事業者さんのお悩みも、本当にさまざま。私がお受けした例としてー

【支援事例1】
個人で教室講師をされているAさん。「教室の集客を向上したい」とのご相談でした。
まずはニーズにマッチした、魅力的なサービスが必要だと考え、ヒアリングをしていきました。
その中で、周りからの反応が良く、Aさんも熱心に取り組んでいるサービスがありました。
そのサービスをさらに磨き上げるため、ヒアリングを重ねる中で「こういう人に向けたサービスとして打ち出そう」ターゲットが絞り込め、形が見えて来ました。
そのサービスの価値や効果をAさんに挙げてもらいながら、惹きつけるキャッチコピーを一緒に考えている段階です。

 

 

【支援事例2】
個人でサロンをされているBさん。こちらも集客力アップのご相談。
お話をお聞きした上で、コスト面やご本人に合うかどうかを配慮して「Bさんに適した集客方法」をご提案しました。
そのツールのテコ入れ策を一緒に考えると共に、サロンの強みを明確にするための動きをしています。

 

さまざまな職種の「現場感」を知る

私の自宅:本巣市からセキビズまでは、車で約1時間。月2回の勤務ですが、私にとってはちょっとした旅のような通勤タイム。
堤防道路をひた走る通勤路は、景色が最高!朝の長良川が、キラキラしていて本当に綺麗です。

本当は長良川が撮りたいけど、運転中で撮れず…

セキビズでのコーディネーター業務は、私にとっても貴重な経験となっています。

「地元の事業者さんは、こんな問題を抱えているんだ」と、肌で感じています。
私が個人として名刺デザインを請けているお客様と話す感覚とも、また少し違う。

事業者さんの「現場感」がダイレクトに伝わってくるんです。

昨年末頃コーディネーターとしての打診をいただいた時、私は迷いなく「やらせてください」と答えました。即答した理由は、セキビズの「きちんと成果を出して、地元を元気にする」ーそんなスピリッツに共感したこと。そして「事業者さんは実際、どんなことに困っているんだろう?」ー現場の声をたくさん聞きたいと思ったからです。

事業者さんのリアルな悩みも知らずに、「効果的な販促ツールを作ります!」「惹きつけるキャッチコピーはこれ!」と言っても、説得力に欠けますよね。

裏付けのある提案をするには、私自身「現場を知る」という経験を積むべきだと感じました。

さらに実のある提案やものづくりをしていくためにも、経験値を上げ、自分自身を磨きたい。
事業者さんの悩みを知り、解決まで導く過程を知る。
コーディネーターをしながら、私も勉強させてもらっています。

 

…とはいえ、まだ慣れない相談業務。5組前後の事業者さんとお話する1日。
終わって帰る頃には、脳みそだいぶ使い果たして、こんな顔になっています。

朝の元気な時に撮ればよかったですね…(朝は朝で、撮ってる余裕がまだない)

 

地元の事業者さんが前向きにがんばれるよう、力になりたいと思っています。
セキビズでも、どうぞよろしくお願いいたします。

●ご相談は予約制です。詳しくはセキビズのサイトをご覧ください。

●セキビズのブログで、私のことを書いていただけました。
【新スタッフ紹介】ビジネスコーディネーターの和性さんが加わり、支援の幅が広がります!

●広報せき4月号に掲載していただきました。

広報せき

 

事業者のみなさん、セキビズを活用してどんどん前進してくださいね!