コンサルした側・受けた側、それぞれの視点がおもしろい

5月17日、大阪にてこちらのセミナーを開催しました。

大阪起業セミナー

張り切って出かけた朝、乗っていたバスが途中で力尽きるというハプニング・・・(ギアが入らずストップ。後続車を待って乗り換えました)

時間に余裕を持って出ていたため、ことなきを得ました。やはり、早めの出発は大事ですね。

 

自分に置き換えて考えられる

さて、3月の名古屋に続き、大阪での開催を迎えたワシ&ワショセミナー。

このセミナーは、私が起業する前(迷っている段階)から、起業後どのようにして成果を上げてきたか?をお話ししています。

単なる経験談にならぬよう分析をして、ご自身に落とし込みやすいようお伝えしています。

同じ期間のことを、コンサルを受けて走った側(和性)・コンサルを提供して伴走した側(高橋)。それぞれの視点からお話しするのですが、それが「おもしろかった」という声が多く寄せられました。

なかなか芽が出なかった時、和性はどう考えたのか?高橋は何を助言したのか?

上記の出来事ひとつでも、双方の受け止め方は異なっていました。コンサルを受けている当の本人:私はそんなに危機感がなかったんですね…。しかし、指導する側の高橋先生はかなり危機感を持って、策を練っていたんです。「こういうやり方はどうだろう?」と提案してくださったことに対し、私は「う〜ん、それは…」と拒否したり。それぞれに理由はあったんですよね。

受講された方々は、まるでドラマを見ているかのようだったかもしれません。同じ出来事を、切り口を変えて二面から見る感覚。

その結果、自分に置き換えて考えることができた方が多かった。

私なら、そんな時どうする?どう考えて、どう動く?

自然とそんな風に考えながら聴いてもらえたようです。どちらか一方の話を聴くだけでは、味わえなかった感覚ですよね。

成功への徹底的な分析

そして、高橋先生の講義は、ものすごい分析による内容でした。

私とのコンサル記録を全て振り返り、どこでどう変わったのか?どんな動きをしたのか?を検証されています。

当の本人である私でさえ、「そうだったのか」と勉強になりました。

多くの創業者を見て来た経験から、高橋先生は「どこが成功につながったのか」「何が違ったのか」を徹底的に分析されています。

時系列で構成されているので、ここではこんなことに悩み、ここではつまずき・・・といったことが、リアルに入り込んでくる。

受講者の感想に「まるで自分がコンサルを受けているような気持ち」とあります。確かに、起業してから誰もが通る道なんですよね。それを私も通って来ました。

その道を、受講者と高橋先生が一緒に乗り越えていく…そんな感覚になるのも、頷けます。

私も新鮮な気づきを得ながら、聴いておりました。

 

私のパートでは、ワークとシェアの時間も設けました。その日から動けるように、意識が少しでも変わるように、との思いからです。

皆さん、熱心にワーク取り組み中

受講者さん同士、シェアタイムを通して、初対面の方でも話が弾んでいました。そんな姿を見て、あがり症の私も、リラックスして話すことができました^^

 

 

名古屋・大阪と、皆さんからご好評いただいたこのセミナー。いよいよ東京での開催でラストとなります!

コンサルする側・受ける側。こんな形式のセミナーは、なかなかないんじゃないかと思います。面白くてためになる。自分を見つめ直す、動き出せる。そんな機会になると確信しています。

ゼロから始める本気の起業セミナー in東京 詳細・お申込みはこちらです。(終了しました)

東京起業セミナー

 


受講された方の声をまとめました。

【大 阪】まるでコンサルを受けているようでした

【名古屋】特別じゃない、普通の人が進んでいく過程が知りたい