セミナー講師もPDCA

6月29日、東京にてこちらのセミナーを開催しました。

東京起業セミナー

3月名古屋、5月大阪と開催して来たこのセミナー。今回の東京でラストでした。

私にとって、初めてのセミナー講師経験となったこのシリーズ。いろいろな思いを巡らせながら、当日を迎えました。

コラボセミナーになった経緯

私が会社を辞めて起業するまで、どんなことに悩んでどう解決したか。さらに起業後、具体的にどんなことをして成果を上げていったか。

本セミナーでは上記の内容を、私の視点からお話した後、コンサルティングを提供した高橋先生の視点で分析・講義します。それぞれの立場から見た、二本立てのセミナーです。

コラボセミナー画像

 

実はこれ、セミナー企画があって始まったものではありませんでした。

元はと言えば、2017年12月 私が「セミナー講師をしてみたいです」と高橋先生に話したことがきっかけ。ただ、「してみたいです」っていうだけで、何をどうしたら良いのか、全くわからない状態でした。

高橋先生は、セミナー講師としてやるべきことを説明してくださいました。「まずはこれを考える」「ここから始めればいい」等…
聞いていてもどこか掴めない私、不安が顔に出ていたのでしょうか。

「最初は一緒に開催する?」

私にとって、神の救いのような一言が高橋先生の口から出ました!

「はい、ぜひっ!!」

すぐにお願いしました。セミナーのイロハを経験するには絶好の機会だと思いました。高橋先生は「勉強になるから」と、ひと通りの運営を私に任せてくれました。

会場確保、日程決め、テーマ選定、告知ページ制作、集客、受講者への連絡等…

ひとつのセミナーでも、実に多くのステップを踏むということがわかりました。その中でわからないことがあったら、高橋先生に聞けば良いのです。なんてありがたい「修行の場」なのでしょう!

テーマの決め方と各回の反省

二人で行うセミナー。それぞれ別のテーマで話すより、共通のテーマが良い。「私たち二人だからこそ、受講者さんの役に立てること」は何だろう?

そこで、私たちだから語れる内容はこれしかない!ということで、『二人で走って来た期間』をテーマにすることになりました。

セミナーを受講された方はわかっていただけたと思うのですが、コンサル期間中の二人は意見がぶつかることもありました。(お互い本気で取り組んでいるからこそ、だったのですが…)それらも包み隠さずお伝えしました。

高橋先生も私も、「役に立つことがあれば、どんどん持っていって欲しい」−そんな気持ちで、全て出し切りました。

 

さて、初開催から振り返ってみるとー

名古屋での初登壇では、あがり症をどうするか?を始め、すべてのことが初めてづくし。
○詳しくはこちらの記事

 

その後も何度か別のセミナー登壇を経て、5月の大阪では楽しめるゆとりも出て来ました。
○詳しくはこちらの記事

 

毎回終わるごとに、自分なりに反省をしていました。それは自然と湧いてくるものでした。アンケート結果や、受講された方からいただけるご意見もありがたいものでした。

それらの反省を<次回改善したい点>として、ノートに記していました。

と言っても、最初に出て来た反省点が「髪型」…笑

これを次のセミナーで改善できたか?を振り返って、チェックを入れています。こうしていくと、どんどん改善されて質が上がりますよね。(うまくできなかった項目は、次回へ繰り越します)

 

貴重な財産となったセミナー開催

そのおかげもあってか、回を追うごとにセミナー登壇は楽しいものとなりました。

女性セミナー講師

 

当初はしっかりと書き込んだ原稿を見ながらの説明だったのですが、ラストの東京では初めて「原稿なし」で話すことができました。

それどころか、スライド以外の話が膨らんで時間が足りなくなり、後半は走ってしまいました。これは反省点ですね。
でも、時間が足りなくなるくらい話せるなんて、4ヶ月前では考えられませんでした。

 

それもこれも、共催してくださり、信じて任せてくださった高橋先生のおかげ。

 

さらに、SNSで応援してくださった方々、支えてくれた家族。

 

そして、一番感謝すべきは、一連のワシ×ワショセミナーにお越し下さった皆さんです!

セミナー受講の様子

2018.03.19 名古屋

 

2018.05.17 大阪

 

2018.06.29 東京

 

本当にありがとうございました。私自身、とても多くのことを学ばせていただきました。

これからも、初心を忘れず(時々コンサル期間のことを振り返りつつ)邁進していきたいと、決意を新たにしました。


受講された方の声をまとめました。

【東 京】準備中

【大 阪】まるでコンサルを受けているようでした

【名古屋】特別じゃない、普通の人が進んでいく過程が知りたい


<Special Thanks>
セミナー中たくさんの写真を撮ってくださったのは、受講生の方々。本当にありがとうございます。

栃木市「開運カメラマン」マッキー(槙田 功)さん
明るくてあったかいお人柄のマッキーさん。たくさんの写真を撮ってくださいました。マッキーさんに撮ってもらうと、本当にいい笑顔になれます。しかも、セミナーで私がお配りした「事業計画シート」に書き込んだことで、行動が変わったそう!素晴らしい!うれしい!!>>その記事はこちら

ピンクがトレードマークのマッキーさん

静岡県裾野市「音楽アーティスト・音楽教室講師」ちーぼー(山田千春)さん
勉強熱心で明るいパワーをお持ちの千春さん。発信のスピードがハンパないです!直感力に優れた方だなぁと感じました。私たちのセミナーから多くを吸収されたようで、うれしいです!丁寧な報告記事に感動しました。>>その記事はこちら

写真を撮るタイミングが絶妙なちーぼー

みなさん、本当にありがとうございました。このセミナーにご興味がある方は、お問い合わせください。

この記事を書いた人

和性 真澄
和性 真澄
アートディレクター/コンサル型デザイナー
人やサービスの強みを独自のヒアリングにより引き出し、わかりやすく伝わる販促物を提供。

セミナー講師もPDCA” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。