今の仕事がツライと感じているあなたへ

※2017年2月に書いた記事に加筆修正しています。後日談があるため再掲載しました。


寒い日が続きますね〜

暖かい春が待ち遠しいです。
雪の日のかっちゃん in 谷汲山

先日、私がある企業様向けに制作した販促物が、模倣されるという出来事がありました。

連絡を受け、実際に真似されたデザインを見て、おどろきました!
色合いや全体的な雰囲気はそっくり同じなのに、こだわって考えたデザインは見事に崩れている・・・

文字の大きさや改行など、綿密に計算して作ったのにまったく無視して作ってありました
(でも書いてある文字はほぼ同じという…)

これは、きちんと対処しなければならない問題だと感じました。

 

違法性を指摘した資料を作ることに

企業の担当者様と相談して、私が書面を作成することになりました。

デザインの模倣は『著作権の侵害にあたる』という意見書です。

書面を提示して、デザインを取り下げてもらう必要がありました。

そのまま使われては困る、違法である、ということをわかってもらうための書面です

しかし、そういった書面のテンプレートもありません。

何をどのように書けば良いかもわかりません。

しかも時間がありませんでした。

書面を即日作って提示し、速やかに取り下げてもらわないと、その模倣品が世に出回ることになるのです

 

一瞬、焦りました。
しかし迷っている暇はありません。

すぐに、著作権の侵害に関する事例をいくつか調べました。
そして著作権法に基づいて、違法性を指摘した意見書を作成しました。

 

 

その日の午前中に意見書は完成し、無事に先方のデザインを取り下げることができたのです。

 

会社員時代のある出来事

この意見書を作成している時、私はあることを思い出していました。

それは、19年間 勤めていた会社で「特許」の業務に携わっていた期間のこと。

私は会社員時代、子供を産むまでは総合職として働いていました。

出張してお客様に提案したり、おもしろみを感じる仕事をたくさんさせてもらっていました。
デザインや企画の仕事に、やり甲斐を感じる日々でした。

 

それが、子供を産んで1年の育休が明け復帰したら・・・

私がやっていた仕事は、他の方が担当していました。
(その方が遠方の勤務地に仕事を持って行っており、私にはできなかった)

県外への転勤はできないよね?という確認をされ、「・・はい」と言うしかない私は、一般職になりました。(総合職はいつ転勤の辞令が出てもおかしくない、一般職は転勤がない)

 

復帰したら仕事がない状態に直面

事務等でなんとか1日をやり過ごしていました。

以前と比べると、なんと物足りない日々。
私宛ての電話も掛かって来ず、何かやることはないかと探していました。

慣れない育児で、時間短縮勤務を選んでいた私には、責任ある仕事ができないのも仕方ないこと。

 

しかし、つらかった。
誰からも必要とされていない感覚さえ、ありました。

今まで積み重ねてきたキャリアは、どこへ消えたのだろう?

悶々とする日が続きました。

そんな中、欠員が出た特許関係の業務をすることになりました。

 

ひたすら調べる日々・・・

特許の仕事といっても、専門知識のある男性上司が二人いたので、私はあくまでも補佐的な立場でした。

膨大な量の資料を見て、似たような形状がないか調べたり・・・
(意匠登録の下調べです)

毎週、外国の特許情報をネットで調べ、自社に関連する内容があれば印刷する。
(ヒットするのはほとんどないけど、それでも全部見ないといけない)

何冊もファイルを抱えて、朝から晩までページをめくったり、英語や中国語のパソコン画面を眺めたり。

とにかく、来る日も来る日も、1日中調べるのが仕事

定時のチャイムが鳴ると「今日はここまで調べました」と報告して、明日もまた続きを調べる…

人と話したり、アイディアを考えたり・・・
もともと、創造性や動きのある仕事が大好きな私には、なかなかの苦痛でした。

また、膨大な量の外国の画面を見なければ…

そう思うだけで、気が重くなっていました。
しかも、急ぎの仕事ではないので、誰からも催促されない業務。

やり甲斐や達成感からは遠ざかっていました。

しかし、仕事を放棄するわけにもいかず、特許に関するさまざまな文書を読んではいました。

 

あの時の経験がいま活きている

そんな中、以前担当していたデザイン企画部署から声が掛かり、私は特許の部署から前部署へ異動したのでした。

異動する際、特許の上司からは「和性さんを特許担当として、育てるつもりだったのに…」と言われました。
内心驚きましたが、デザインの仕事に戻れるうれしさで、私は浮かれていました。(ごめんなさい・・・)

あれから数年が経ち、起業した今 思わぬ形で特許(権利)の仕事に直面しました。

著作権と特許は同じではありませんが、大きくくくれば権利の問題。

著作権について調べる中で、難しい文章が出てきましたが、そういった内容にも抵抗なく触れている自分がいました。

専門的な文章を、わかりやすく噛み砕き、筋道を立てて説明した資料を作る

この行動が、短時間で難なく行えたのは・・・

 

 

作っている途中で、気が付きました。

あの頃の経験が活きているんだ!

特許の仕事に携わっていたから、権利関係の難しい文章にも抵抗がなかったのです。
「あれ?私これ理解できる」「これはあの時調べたことと似てる」

私の中に、驚きと感謝の気持ちがこみ上げて来ました。

 

どんな仕事でも信念を曲げずに向き合う

あんなに苦痛と感じていた仕事も、今に活きている。

ムダなことなんて、ひとつもないのかもしれない

 

あの頃は、起業なんて夢にも思わなかったし、目の前の仕事のことしか考えていませんでした。

でも、どこで何につながるか分からない

今、イヤイヤ行っている仕事があるとしても・・・

今後の人生で、活きて来ることがあるかもしれません

Smile Lifeコーチ 林 英奈ちゃんからのメッセージ♡

 

目の前の仕事に向き合い、できる限りの力を尽くせば、後から活かすこともできると思うのです。

大切なのは、自分の中の「譲れない信念」を持ち続けること。

希望を失わずに、歩いていきたいですね。

 

 

今日の記事は、いろいろな意味で私にとって勇気のいる内容でした。

でも、あの頃もムダじゃなかったと気付くことができて、私自身がとても救われたような気持ちになりました。特許の元上司に会うことがあったら、感謝(とお詫び?)を伝えたいです^^

 

<後日談>

少し前に、今の仕事の関係で、特許の元上司に電話する機会がありました。
私が起業していることを説明したら、電話の向こうで「そうですか、それは良かった」と、喜んでくれました。

そして、用件が済んだ後に、私は勇気を出してこの話をしました。

「あの頃、特許の仕事をさせてもらって、いろいろ教えてくださったおかげです!ありがとうございました!」

とうとうご本人にきちんとお礼が言えたのです。
とってもシャイな元上司は、「いやいやいや、そんな…。和性さんが頑張ったからです」と言ってました。(どこまで良い方なんでしょう!)

伝えることができて、良かった〜!
電話を切って、とても晴れやかな気持ちでした。

本当に感謝しかないですね。

 

——————

デザインするだけじゃない。さまざまな問題にも対応します。
和性へのご相談はこちらのフォームから可能です。

 

名刺の制作実績はこちら。

名刺のメニュー・料金・お申し込みはこちら。

 

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ