特急料金を支払ってでもお願いしたい!

「どうしても、効果的な名刺が必要なんです!」

「ムリな納期は承知です。特急料金をお支払いしますので、なんとかお願いできないでしょうか」

昨日の夕方、お申し込みフォームからご連絡をいただきました。
名刺が必要な時期を見ると、確かに難しい納期です。
しかし、文面から伝わる私への信頼感・期待感。

そこまでしてご依頼くださる理由を聞いて、私は二つ返事でお受けしましたー

外せない場面での名刺活用

お申し込みいただいたのは、料理研究家の男性。初めましての方です。

お申し込みフォームには、私のFacebookや本サイトを読み込んでいただけていた旨が書かれていました。素直に嬉しかったです。

お客様は、本の出版を目指していらっしゃいます。今度、出版企画をプレゼンする場があり、その後の懇親会で名刺交換をして、出版社の方に思い出してもらいたい。
そのために、名刺を効果的かつ印象に残るものにしたい

名刺を活用されたい場面・目的を、明確にお持ちでした。

目的が明確にあると、私は想像を膨らませることができ、より作りやすくなります。
そうすると、得たい効果を得やすい名刺ができますね。

納期優先なら他の方法もあるはず

しかし、そのプレゼンの期日が迫っていました。
必要な日に間に合わせて作るためには、いくつか制約がかかってしまうのです。

ご提案の数、修正回数、素材の早期ご提出、、、
印刷に関しても、1日早くなるごとに金額は上がっていきます。

そして利用規約にも明記があるように、短納期の場合は特急料金が別途発生します。
その理由は、他のお客様のスケジュールを調整しなければならないことだったり、今回のように急遽休日返上で対応することだったり。

 

「特急料金のことは承知しています」と書いてくださったのですがー
お客様のことを考えると忍びなく、「納期に間に合わせるために、こんな所へ依頼する方法もありますよ」と、他の道をご提案しました。

しかし、ありがたい返答をいただきました。
「いえ、ぜひ和性さんにお願いしたいです」

お願いしたいという、明確な理由

そこで私は、思いきって聞いてみました。
「そこまで仰っていただける理由は、何でしょうか?」

すると、お客様からはー

デザインできる人・集客できる人。それぞれいると思いますが、和性さんは両方に精通している方だから。

商業デザイン・販促デザインは、目的を達成するためのデザイン。
芸術作品とは違います。「◯◯するために考えるデザイン」ですよね。

そして、名刺の重要性についても述べられましたー

名刺に語らせることができれば、自己紹介に失敗しません。
和性さんのプロフィールを拝見して「語らせる名刺」を作ることができる方だと思いました。

名刺に語らせる。常々私が発信していることです。
自己紹介がうまくできなくても、名刺を渡すことはできますよね。
それだけで良いんです。
名刺が代わりに語ってくれますから。

そんな、自分の代わりに語ってくれる「優秀な営業マン」のような名刺作りを心がけています。

他にこんなご意見もいただきましたー

実際に、ビジネスの現場でご活躍された経験をお持ちだから。

これは、19年間メーカー勤務で培った経験のことを言われたのかなと思います。
確かに、「現場での勘」って大きいですよね。
こういった感覚というのは、肌で覚えるものかと思います。
デザイン・営業・開発・特許…いろいろな経験が、すべて活きていると感じる日々です。

短納期でも期待以上の感動を!

さて、このような理由でご依頼くださった今回の案件。
やはり、俄然やる気が出ますよね^^

「ご期待に添えるよう…いえ、それ以上のものを提供できるよう、尽力します!」

そんな返事をした私。
がんばるしかありませんね〜

すごい速さで、写真素材やヒアリングシートの回答をいただいたので、こちらもどんどん進めます!
娘には「ママ、頭にハチマキ巻いてやったら?」と言われました(^^;
ほんとに巻こうかな…

 

名刺についてのご相談はこちらのフォームから可能です

名刺の制作実績はこちら。

名刺のメニュー・料金・お申し込みはこちら。

 

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ