[公募中]補助金を活用して、販路開拓・拡販アイテムを作ろう!

事業者さんの相談に乗っていると、こういう声をよくお聞きします。

効果的な販促ツールを作りたいけど、費用がネックで…

そんな時、とってもありがたい補助金があります。それはー

小規模事業者持続化補助金
(しょうきぼ じぎょうしゃ じぞくか ほじょきん)

読んで字のごとく、小規模事業者が事業を持続できるよう補助してくれる補助金です。

この補助金を活用して、チラシ・ショップカード・看板・ホームページ改善などに取り組んでみてはいかがでしょう。

毎年公募されているおなじみの補助金ですが、今年はチャンスが増えていますよ。

 

小規模事業者持続化補助金とは?

販路開拓につながる費用に対して、補助が受けられます。
補助対象経費の2/3が補助されます。補助額の上限は50万円。

例えば75万円の費用が発生した場合、50万円の補助が出るため、自己負担は25万円で済みます。
利用には審査があり、場合によっては採択されないこともあります。

 

令和2年度、前年と変わった点

  • 昨年度までは年1回の公募でしたが、令和2年度より通年の公募となりました。活用できるチャンスがさらに増えました。
  • 新型コロナウィルスの影響を受けた事業者に対する、特別枠が設けられました。通常は75万円である補助額の上限が、100万円に引き上げられたのです。使いみちの例としては、内製化による設備投資、EC販売(ネット販売)に取り組むための投資、テレワーク環境の整備にかかる費用など。【注意】特別枠のスケジュールは、一般型とは異なります。
  • 2020年1月1日以降に設立した法人、2020年1月1日以降に開業届を出した個人事業主は、補助上限額が100万円に引き上げられました。

どんなことに対して使える?

小規模事業者持続化補助金は、例えば以下のような場合に利用できます。

|情報発信やPR

チラシ・名刺・看板・DM等の広告宣伝ツールに関する費用

|商品パッケージの改良

パッケージデザイン改良に関する費用

|顧客満足度を高める

例)和式トイレを洋式トイレに改装する費用

|新事業への設備充実

例)飲食店が食品販売用にレイアウト変更する場合の費用

利用できる幅が広いですよね。ほかにも、展示会の費用だったり、資料購入費・外注費用なども対象になります。

 

どんな人が利用できる?

小規模事業者持続化補助金を利用できる事業者の定義は、以下のようになっています。

  • 商工会議所地区で事業を営む小規模事業者であること
  • 卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業以外)…常時使用する従業員5人以下
  • サービス業のうち宿泊業・娯楽業、製造業その他…常時使用する従業員20人以下

ただし上記に該当しても、対象外(利用できない)となる事業者もあります。

  • 一般社団法人・NPO法人など営利企業に該当しない法人、医師・歯科医師・風俗業など

いかがですか?まずは、ご自身が利用できる立場かどうかを確認しましょう。

また、申請時点で事業を行なっていない場合もNGとなります。
個人事業主の場合、申請時点で開業届を出している必要があるということ。そして、実質的に事業を開始していないと利用は難しくなってきます。

 

申請に必要なものは?

小規模事業者持続化補助金を申請するには、以下の書類が必要です。

|経営計画書

1. 企業概要

2. 顧客ニーズと市場の動向

3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み

4. 経営方針・目標と、今後のプラン

|補助事業計画書

1. 事業名

2. 具体的内容

3. 効果

|経費明細表

発生する費用の明細

これらの提出先は、事業所の管轄にある商工会議所または商工会です。

おそらく、申請するにあたり最も大変な作業が、これらの書類作りではないかと思います。

ご自身のことやサービスについて、第三者にわかるよう工夫して書く必要があります。

また、市場の動向など、社会性も踏まえて客観視しなければいけません。

これをご自身だけで考えようとすると、時間がかかるのではないかと思います。

そんな時、頼りになるのは「公的支援機関」です。
そう、地元の商工会議所・商工会(※)が全面的にバックアップしてくれるんです!もちろん無料で!(会員である必要はありません)

書類の書き方や内容について、多くの経験に基づき指導してくれます。とてもありがたいですよね。

 

補助金を活用して、事業を加速させよう

私のお客様にも、この補助金を活用してショップカードやチラシ、看板等を作成された方が多くいらっしゃいます。

同時に事業所の備品や設備も充実させたり、効果的に活用されています。

「この際だから新しくしたい」とか「以前から欲しかった」と考えていたものはありませんか?

  • 事業所の看板を刷新したい・新しく設置したい
  • PR用のバナーが欲しい
  • 効果的なショップカードが欲しい
  • パンフレット・チラシをきちんと作りたい
  • ホームページを刷新したい・新しく持ちたい
  • 反応率の高いDMを配りたい
  • 企業案内・商品カタログが欲しい
  • 自己紹介ツールが欲しい

など、上限75万円までならいろいろ組み合わせも可能です。

掛かった額の3分の2 補助が出るので、通常よりも負担がグンと抑えられます。

VECTORDeSIGNの方で制作する過程や内容に、補助金利用有無によっての違いはありません。

賢く利用して、ぜひあなたも事業を加速してください!

 

この小規模事業者持続化補助金、ただいま公募中です!
令和2年度の締め切りは、以下の通りです。

第1回受付締め切り:2020年 3月31日(火)
第2回受付締め切り:2020年 6月 5日(金)
第3回受付締め切り:2020年10月 2日(金)
第4回受付締め切り:2021年 2月 5日(金)
第5回受付締め切り:未定

ご興味がある方、まずはお近くの商工会議所・商工会へご相談されることをお勧めします。

 

持続化補助金のほかに、ものづくり補助金、IT導入補助金もあります。

>> 独立行政法人 中小企業基盤整備機構の説明ページはこちら。

 

 

ベクトルデザインについて

和性 真澄
和性 真澄わしょう ますみ
VECTOR DeSIGN代表 デザインコンサルタント

丁寧なヒアリングにより、人の魅力や商品のPRポイントを引き出し、伝わるデザインに表す。
事業者の想いを代弁した、心に刺さるキャッチコピーの考案も好評。
19年間のメーカー販促経験を生かし、現場第一かつマーケティング重視のデザイン・発信を提唱している。
全国でビジネスセミナー講師を務める(採用パワポ/女性起業/名刺セミナー等)

<公的機関でのアドバイザー実績>
■エキスパートバンク登録専門家(岐阜県商工会連合会)
■エキスパートバンク登録専門家(岐阜商工会議所)
■ミラサポ登録専門家(中小企業庁委託事業)
■ビジネスコーディネーター(2018年度関市ビジネスサポートセンター)
■販促デザイン専門家(大垣市ワンストップ経営相談会)
■経営支援員・経営指導専門家(大垣商工会議所)