多岐にわたる事業をわかりやすく、ホームページのメニューアイコン【Web実績】

「ホームページのリニューアルに伴い、トップページのメニューアイコンを整えたい。」

講座、起業サポート、学び、カウンセリング、講演・・・
多岐にわたる事業を、分かりやすく見せる。そんなメニューアイコンを作りました。


<お客様> 毛利 理恵様

NPO法人 ウーマンプロジェクト東海 代表理事
心理カウンセラー:岐阜県岐阜市

 

統一感を持たせ、わかりやすく伝えたい

NPO法人ウーマンプロジェクト東海様のホームページ。ママ向け・女性向けにさまざまな事業(メニュー)があります。
以下画面に6つある、メニューのアイコン(丸い画像)を変更することになりました。

  • デザインに統一感がなく、バラついた印象に見える
  • 各メニューの内容を、パッと見でわかりやすく伝えたい
  • リニューアルした講座ヘッダーのデザインと合わせたい

このようなご要望をいただきました。


以前お使いのメニューアイコンがこちら。

事業内容を理解することからスタート

メニューアイコンの前に、2つの養成講座のヘッダーをデザインさせていただいていました。
そのため、養成講座の内容はおおむね理解できていましたが、そのほかの事業についての理解が浅かった私。
オンラインzoomや、メールのやり取りにより、事業の大枠を掴むことができました。

わかりやすさと柔らかさを表現

ホームページTOPのメニューアイコン、完成したデザインがこちら。

メニューアイコン

各メニューのタイトルと内容を、端的に表しました。
上段3つはイラストにしました。『mama育®︎』は、ママと子供のイラスト。『こころ育』で芽吹いたハートが、『輝業塾』で大きく育っていく。各事業のつながりも表現しました。

下段3つは写真を使用しました。実際のテキストや講演風景を掲載することにより、リアリティを演出しています。

アイコンの形は、以前の丸から四角にしました。落ち着いた雰囲気を出したかったのと、整列している方がスッキリ見やすいから。
でも、女性向けなので、どこかに柔らかさ・しなやかさを入れたくて、カラーの部分を緩い曲線にしました。

こんな過程を経て、完成しました

ビフォーアフターを比較すると、このようになりました。事業がひとめでわかるようになりました。

メニューアイコンビフォーアフター

 

実は、1度目のデザイン案をお見せした際、毛利様からう〜ん、イメージと違います…とのお返事をいただいてしまいました。
その時は全アイコンにイラストを使い、可愛らしく仕上げていました。
自分では良いと思ってお見せしていたので、そのお返事を聞いた時は内心ショックでした。

しかし、毛利様が感じた違和感を詳しくお聞きし、どのようにすると良いか意見交換を重ねました。
その甲斐あって、新たに考え直したデザイン案には、即答でOKをいただくことができました。
毛利様にも心底ご納得いただけるデザインがご提供でき、私も勉強させてもらいました。

 

毛利様から感想をいただきました。

  • 伝えたいことをしっかりとキャッチして、形にしてくれました。
  • ホームページの見せ方についてのご意見もいただき、参考になりました。
  • 打ち合わせ・やり取りがサクサク進み、心地よかったです。

詳しくはこちら…お客様の声


今回、ホームページのリニューアルということで、構成や見せ方について、お節介ながら気付いたことをお伝えしました。その点も評価いただき、うれしい限りです。

NPO法人ウーマンプロジェクト東海様のホームページはこちら。

NPO法人ウーマンプロジェクト東海様 その他のデザインご紹介

  • ヘッダー:mama育®︎トレーナー養成講座…こちらの記事
  • ヘッダー:こころ育-心理カウンセラー養成講座-…こちらの記事
  • トップページのメニューアイコン…本記事

 

ベクトルデザインについて

和性 真澄
和性 真澄わしょう ますみ
VECTOR DeSIGN代表 アートディレクター/コンサル型デザイナー

丁寧なヒアリングにより、人の魅力や商品のPRポイントを引き出し、伝わるデザインに表す。心に刺さるキャッチコピーの考案も好評。
全国でビジネスセミナー講師を務める(採用パワポ/女性起業/名刺セミナー等)

<公的機関でのアドバイザー実績>
■ミラサポ登録専門家(中小企業庁委託事業)
■エキスパートバンク登録専門家(岐阜商工会議所)
■ビジネスコーディネーター(2018年度関市ビジネスサポートセンター)
■販促デザイン専門家(大垣市ワンストップ経営相談会)
■経営支援員・経営指導専門家(大垣商工会議所)