名刺は、あなたを輝かせるためにある

和性さんは、名刺界の女優です
こんな風に紹介していただけました。

ご紹介下さったのは、赤がお似合いのこの女性。

meishi-significance_01

整理収納アドバイザーとしてご活躍のmayuさん。

名刺のご依頼をいただき、ヒアリングのためお会いしました。

初対面とは思えないくらい、心地よい時間が過ごせました。

お客様のお話を聞くのが、本当に好きです。

現在に至るまでのご本人の歴史や、仕事に対する想い、これからの展望など…

私にとって、とにかく興味深いんです。

mayuさんのお話も、じっくりじっくりお聞きしました。

 

お客様の声で奇跡を振り返る

mayuさんが、私と会った時のことをFacebookに投稿してくれました。

その投稿内容がこちら↓


meishi-significance_02


こんな風に私を分析して、素晴らしい表現力で書いて下さいました。

改めて、mayuさんの感性を思い知った私です。

そして、そんなmayuさんに選んでいただけたこと。

真摯に仕事に向き合って来て良かった

自分の想いを発信して来て良かった

自分のして来たことが間違いじゃなかった…そう思えた瞬間でした。

名刺に必要なものは何か?

私は以前から、こう考えています。

名刺にデザイナーらしさは必要ない

お客様らしさがあれば良い

これは、カッコつけでも何でもなく。

そして、名刺だけでなくチラシやヘッダーなど、販促物全般に言えること。

デザイナーの色なんて、必要ないんです。

いかにお客様の色を出すか

sudo_01

『私の作品』ではなく『お客様の販促物』です。

お客様が、その先のお客様に選んでもらうためのツール。

だからこそ、デザイナーが作りたいものではなく
お客様らしさが表れた、お客様を輝かせるものでなくてはならない。

お客様の想いを伝えるためのものでなくてはならないんです。

usui-m5

だから、私が作る名刺には統一感がないと思います。

・この名刺は、女性らしくて可愛い
・この名刺は、カッチリしたビジネスマン向け
・この名刺は、チラシみたいにインパクトがある

そりゃ、そうです。

私らしさは必要ないと思って作っているから。

watahiroko-m4

お客様のサービスが魅力的に伝わり、お客様ご自身が輝いて見えたら、それで良いのです。

それこそが、名刺等の販促物に必要な役割だと考えています。

お客様の個性を楽しむ

そういった考えに基づき行動する私を、mayuさんはこう表現して下さいました。

クライアントの色に染まり、表現する

何色にも染まるニュートラルさ

mas-hikidashi5

mayuさんの名刺も、彼女らしさや魅力が伝わるものを考えています。

お作りする私自身も、いつもワクワクしてしまいます。

「このお客様の名刺は、どんな風に仕上がるだろう」

お客様によって異なる個性を、楽しんで表現したいと思います!

そんな、お客様の個性あふれる名刺の数々。

こちらでご覧ください。>> 名刺実績一覧

名刺メニューの詳細・料金・お申込みはこちら。

今回、素敵にご紹介くださったmayuさんのブログはこちら

 

すべてのメニューの一覧はこちら。
>> メニュー・料金一覧

お問合せ・ご相談はこちらまでお願いします。
>> お問合せフォーム

お申込みからお届けまで、このように進みます。
>> 制作の流れ

後からの資格追加や肩書き変更も、修正無料だから安心!
>> 文字の追加変更[初回無料]のお知らせ

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です